サービス
種別
無料期間
キーワード

e-tax イータックス(電子申告)について

毎年2月から3月の時期は所得税を確定申告するシーズンがやってきますが、現在、「e-tax」と呼ばれるインターネットや郵送などの方法を利用した確定申告が出来る事を皆様はご存知でしたでしょうか。

「e-tax」は従来の税務署に出向く確定申告と比べて時間が節約出来るほか、一度やり方を覚えてしまえば従来の確定申告の方法よりも簡単に速く確定申告が行えます。

今回は電子的な送信システムを使った確定申告の方法である「eタックス」について使い方とそのメリットをご紹介させていただきます。

「e-tax」の使い方 その1

自宅で申告書のデータを作成して電子証明書を送信する方法-

「eタックス」の使い方として以前は代表的な方法に挙げられていたのがこの「自宅で確定申告書のデータを作成し、電子証明書を送信する方法」でした。

でした、と過去形でお話しているのは、この「自宅で確定申告書のデータ作成を行い電子証明書をインターネットを使って送信するやり方」にはICカードリーダーなどの様々な機器を揃える必要がある為、現在ではICカードリーダーの購入費などがかさむ事からあまり人気が無くメリットも薄い方法となっている為です。

もし、自宅にICカードリーダーなどの機器を揃えるご予定がある方はこの方式を採用されてみるのもよいでしょう。

「e-tax」の使い方 その2

-自宅で申告書のデータを作成して紙にデータを印刷、郵送する方法-

現在「eタックス」を利用する人の中でも高い人気を得ているのがこの「自宅で確定申告書のデータを作成して紙にデータを印刷、郵送して申告を行う方法」です。

従来の税務署に出向いて行う確定申告よりもこの方法であれば確定申告の手順や書式について判らない点があってもすぐにインターネットを閲覧して理解する事が出来ますし、紙にデータを印刷して郵送を行うだけで確定申告の手続きが行える為、税務署で行う従来の確定申告のように長い順番待ちの列に並んで何時間も待たなければいけない、というケースは避ける事が出来るというメリットがあります。

「e-tax」の使い方 その3

-税務署のパソコンを使って申告書のデータを作成して紙にデータを印刷、その場で税務署の窓口にデータを記載した申告書を提出する方法-

この方法は自宅のパソコンではどうも確定申告のやり方が分かりづらい、といったケースの時に有効となります。

また、税務署内のパソコンを利用してデータ印刷と確定申告の記入を行う為、操作や申告書の記載方法が分からない場合には近くに居る税務署職員にすぐにやり方を尋ねる事が出来るというメリットがあります。

国税庁電子申告・納税システム
http://www.e-tax.nta.go.jp/index.html

サービス価格無料期間特徴公式サイト
・最大2か月無料 ・年26000円~・最大2か月・クラウド会計ソフト利用シェアNo.1 ・無料期間有り ・簡単入力で使いやすいやよいの青色申告オンライン
・月10000円~・税理士紹介何度でも無料・自分に合った税理士に会うまで何度でも紹介無料

税理士紹介エージェント

・月2980円~・新規登録で一週間無料・SNSを使って税理士に気軽に相談できるコジサポLINE@
・税理士紹介無料・税理士紹介何度でも完全無料・完全無料 ・24時間受付 ・全国対応 ・運営12年の実績税理士ドットコム

・申告のみ50000円
・計算 80000円
・おまかせ 118000円

・仮想通貨に精通した税理士を紹介仮想通貨の税金ならGuardian

関連記事一覧

確定申告が必要な人と注意点とは

確定申告の時期になれば自分が確定申告を必要か不要か迷ってしまうのではないでしょうか。きちんと確定申告しないと後々問題になるので、もし、仕事を...

株の利益が20万以下の場合の確定申告について

株取引をしている方はどれほど利益が出ているかに関わらず、税金関係はとても気になっているはずです。 どういった条件で申告の義務が発生するのか、...

確定申告と消費税申告について

初めて事業を始めた時に、必ずしなくてはいけないのが確定申告と消費税申告です。 ですが、この二つがどういったシステムなのか、どうやって申告した...

ワンストップ特例制度の必要書類・書き方・医療費控除について

ワンストップ特例制度とは? ふるさと納税ワンストップ特例制度はどういったものなのかというと、確定申告をする必要のない、給与所得者などが、確定...

国税庁 確定申告について

私達が日ごろ暮らしてゆく上で欠かす事が出来ないのが、国による国家の医療サポートシステムや学校に通う教育機関のサポート、そして各種のインフラの...