サービス
種別
無料期間
キーワード

セルフメディケーション税制について

■医療費とセルフメディケーション税制の違いは?

従来は、医療費が10万円以上でないと医療費控除を受けることができませんでした。しかし、平成29年よりセルフメディケーションが導入され、ドラックストアでなどで購入した、市販薬(OTC)が12,000円以上の場合、控除を受けることができるようになりました。この二つの違いをじっくり比較していきましょう。

◆金額が違う

まずは、金額が大きく違います。確定申告は、医療費控除もセルフメディケーション税制も、本人だけではなく、奧さんやお子さんの分も合算できますが、従来の医療費控除は10万円以上と金額が高く、大きな病気をしないとなかなか届きませんでした。しかし、セルフメディケーション税制の場合は、12,000円以上とハードルが低く、利用しやすいです。

また、上限額も医療費控除は、200万円と大きく、セルフメディケーション税制は88,000と小さいです。

◆対象範囲が違う

医療費控除の場合、病院での診察・検査・手術代はもちろん、調剤薬局での薬代、自宅から医療機関までの交通費、さらにドラッグストアなどで購入した市販薬(OTC)まで、幅広くカバーされています。ただし、人間ドックや入院中の食事代など、これは含まれるの?と悩む項目もあり、調べる手間もかかりました。

しかし、セルフメディケーション税制の場合は、市販薬(OTC)だけなのでわかりやすいです。さらに対象商品には、レシートに印がついているので、一目でわかります。

◆前提条件が違う

医療費控除には前提条件がありませんが、セルフメディケーション税制の場合は、人間ドックや健康診断などの健康診断を受けていなければなりません。そのため、健康診断結果の提出が必要です。

以上、ざっくりと説明したしましたが、「医療費控除」「セルフメディケーション税制」は、どちらかしか申請できません。自分がどちらを申請すべきなのかを、まずじっくり検討しましょう。

■申請の方法

何もわからない、調べるのが面倒だと言う方は、給与明細・医療費の明細、レシート、印鑑をもって、税務署へ行きましょう。係の方が丁寧教えてくれて、その場で申請書を作成することができます。市役所でも一部できますが、場合によっては申請できず、二度手間になります。

申請書を自宅のパソコンで作成して、税務署に持参することもできますし、郵送することもできます。申請書は、国税庁のホームページ http://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/shinkoku/kakutei.htm で説明を読めば作成できます。始めての方は、税務署に持参してその場で確認して、間違っていたら教えてもらうことがおすすめです。

国税庁 セルフメディケーションについてはこちら

https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/1131.htm

サービス価格無料期間特徴公式サイト
・最大2か月無料 ・年26000円~・最大2か月・クラウド会計ソフト利用シェアNo.1 ・無料期間有り ・簡単入力で使いやすいやよいの青色申告オンライン
・月10000円~・税理士紹介何度でも無料・自分に合った税理士に会うまで何度でも紹介無料

税理士紹介エージェント

・月2980円~・新規登録で一週間無料・SNSを使って税理士に気軽に相談できるコジサポLINE@
・税理士紹介無料・税理士紹介何度でも完全無料・完全無料 ・24時間受付 ・全国対応 ・運営12年の実績税理士ドットコム

・申告のみ50000円
・計算 80000円
・おまかせ 118000円

・仮想通貨に精通した税理士を紹介仮想通貨の税金ならGuardian

関連記事一覧

確定申告が必要な人と注意点とは

確定申告の時期になれば自分が確定申告を必要か不要か迷ってしまうのではないでしょうか。きちんと確定申告しないと後々問題になるので、もし、仕事を...

確定申告のやり方・書き方・時期・必要書類用紙について

確定申告というのは、恐らくは一般の会社に勤めている人にはあまり馴染みがない一方で、自営業やフリーランスの人にとっては大事な時期ということで年...

国税庁 確定申告について

私達が日ごろ暮らしてゆく上で欠かす事が出来ないのが、国による国家の医療サポートシステムや学校に通う教育機関のサポート、そして各種のインフラの...

確定申告の医療控除の必要書類、期限について

病気にかかったら大抵の場合は病院へ行って治療を受けるでしょう。 この時に医療費がかかるわけですが、場合によっては医療費が高額になる場合もあり...

ワンストップ特例制度の必要書類・書き方・医療費控除について

ワンストップ特例制度とは? ふるさと納税ワンストップ特例制度はどういったものなのかというと、確定申告をする必要のない、給与所得者などが、確定...