サービス
種別
無料期間
キーワード

領収書の書き方・印紙について

領収書の基本的な書き方とは?

領収書を作成する上で、必要なことをまずは知っておくことが必要となります。
まずは、領収書というものは、金銭授受の事実を証明するため、これらの事項を記載することが必要となります。

また、改ざんされないための措置をとる必要があります。領収書には基本的な書き方がありますが、これらのポイントを押さえておく必要があります。

まずは、タイトルを記載します。これは印字されていることが多いですが、中央寄せ、表記を大きくして、一目で領収書と分かるようにします。
その後、支払いをした日時などを記載します。

領収書にその他記載しなければならないこと

領収書には、その他にも、金銭を受け取った法人名だったり、金銭授受日、そして売上金額などを記載する必要があります。

金額の改ざんがないように、¥を書くことが必要で、末尾には、−を付けるようにしましょう。3桁ごとに,のマークを付ける必要があります。

さらに、領収書で必要となるのが、但し書きです。但し書きの際には、商品代、お品代などと書かれることが多いです。

しかし、経費として計上する際には、商品代の場合、何を計上したのか分かりませんので、経費として認められないことがありますので、注意が必要です。

経費として認めてもらうためには、具体的な品目を記載する必要があります。
書籍代や、セミナー費用、インク代などの品目で記載します。

また、たくさんの品物がある場合には、明細や、納品書などを添付することもあります。
領収書には宛名が必要となります。法人名や会社名などを記載する場合もありますし、個人事業主の場合、個人名を書くこともあります。

また、下方には、領収書の発行者の住所、そして名称などを記入する必要があります。こちらは手書きのかわりに、社判が押されていることが多くなります。

収入印紙について

領収書に記載されている金額ですが、こちらの金額が5万円以上の場合、売上金額に応じて、収入印紙を貼ることが必要となります。

収入印紙は印紙とも呼ばれています。印紙税を納税するため、使用するものとなっているので、必ず必要となります

5万円未満の場合には非課税なので、印紙は必要がありません。しかし、5万円以上となると、100万円以下の場合には、200円の収入印紙が必要となります。

100万円を超えており、且つ200万円以下の場合、400円の収入印紙が必要となり、売上金額に応じて収入印紙が必要です。

国税庁 印紙についてはこちらhttps://www.nta.go.jp/taxanswer/inshi/7105.htm

項目をクリックすると並べ替えできます

サービス価格無料期間特徴公式サイト
・最大2か月無料 ・年26000円~・最大2か月・クラウド会計ソフト利用シェアNo.1 ・無料期間有り ・簡単入力で使いやすいやよいの青色申告オンライン
・月10000円~・税理士紹介何度でも無料・自分に合った税理士に会うまで何度でも紹介無料

税理士紹介エージェント

・月2980円~・新規登録で一週間無料・SNSを使って税理士に気軽に相談できるコジサポLINE@
・税理士紹介無料・税理士紹介何度でも完全無料・完全無料 ・24時間受付 ・全国対応 ・運営12年の実績税理士ドットコム

・申告のみ50000円
・計算 80000円
・おまかせ 118000円

・仮想通貨に精通した税理士を紹介仮想通貨の税金ならGuardian

関連記事一覧

確定申告と消費税申告について

初めて事業を始めた時に、必ずしなくてはいけないのが確定申告と消費税申告です。 ですが、この二つがどういったシステムなのか、どうやって申告した...

税理士紹介エージェント

株の利益が20万以下の場合の確定申告について

株取引をしている方はどれほど利益が出ているかに関わらず、税金関係はとても気になっているはずです。 どういった条件で申告の義務が発生するのか、...

確定申告が必要な人と注意点とは

確定申告の時期になれば自分が確定申告を必要か不要か迷ってしまうのではないでしょうか。きちんと確定申告しないと後々問題になるので、もし、仕事を...

確定申告の医療控除の必要書類、期限について

病気にかかったら大抵の場合は病院へ行って治療を受けるでしょう。 この時に医療費がかかるわけですが、場合によっては医療費が高額になる場合もあり...